熟豊和牛ができるまで

 

熟豊和牛の製造の工程をご紹介いたします。

経産牛 再肥育

経産牛を仕入れ、自社と委託農家で適量の脂がつくまで再肥育する。エサは、配合飼料ではなく、稲わら・ふすま・圧ペン麦・米ぬかなどの自然のものを使って育てています。

 

部分肉 カット

屠畜した経産牛の枝肉を熟成に適した大きさにカットする。

ロースセット         (リブ・サーロイン)

画像:リブ・サーロイン

主にスーパーに納品をしております。固く思われがちな経産牛ですが、適度な脂もあり、肉の旨みや風味は、噛めば噛むほどその味わいは、口いっぱい広がります。

切落し材

ヒレ・ロースを抜き残りの部位を丸ごと1頭使用した自慢の切落し材です。適度な脂も層の中に入っていますので、厚くカットすれば焼肉に、薄くカットすれば、すきやき・切落しとして使用することができます。料理のバリエーションが広がる商材です。