熟豊和牛(じゅくほうわぎゅう)とは!?

再肥育へのこだわり

「熟豊和牛」とは、子牛を産み母牛としての役目を終えた黒毛和牛(以下経産牛という)を約半年~1年間再肥育し、経産牛特有の脂身の少ない赤身肉を熟成加工することにより誕生した風味豊かで味わい深い牛肉のことです。

 

再肥育する素牛は月齢約50か月以上の成牛であるため、最大のポイントは血統を重視して選別することです。

 

委託農場は商標登録を取得した平成22年頃から本格的に全国各地成牛市場で再肥育牛を仕入れ、牛肉としての仕上がりをデータにして蓄積し、その優秀な実績から選別しています。

 

自社農場での肥育の餌には稲わら、ふすま、あっぺん、米ぬかなど自然のものにこだわりを持ち、またとうもろこしにビール粕を加えた発酵資料も使用しています。

 

自社農場は社員全員で毎日管理し、愛情を込めた心身ともに健康な牛づくりを目指しています。

また選別した委託農場の肥育ノウハウも参考に取り入れ、常に肥育方法にも改良を続けております。

牛肉製品としてのこだわり

黒毛経産和牛

 一般的に市場に出回っている霜降りの去勢牛(月齢28~30ヶ月)には無い和牛経産牛独特の濃縮した本来の肉の旨みと風味があります。

現代の健康志向

赤身肉はもともと脂身が少なく、脂肪燃焼を促すLカルニチンが多く含まれミネラルも豊富。現代の健康志向から注目を浴びているヘルシーな肉質です。

安心・安全の保障

生牛から牛肉になるまでの履歴や衛生面を含め一貫管理し、把握しております。
地域活性化に寄与した6次産業事業者としての農林水産省からの認定も受けました。

価格

高級イメージのある和牛として販売できる上に、一般市場の交雑牛の相場に準ずるほどの安価を実現しました。

品質保持

自社肥育・委託肥育ともに多頭数の牛を保有しているため、安定的商品提供が可能です。